頭皮が臭くなる原因って?

頭皮のニオイの原因は、一般的に、皮膚の炎症によって頭皮にかゆみ・湿疹・フケが出てきて、皮脂が細菌で分解されることによるものと考えられています。

フケは、頭皮の表皮細胞です。
新陳代謝が起こることで、頭皮がはがれおち、皮脂が細菌で分解され酸化したものと、混じりあってフケとなります。うーん、文章で読んでいるだけでも汚いですね…。
また、頭皮が脂っぽかったり、頭皮に汚れが残っていても、頭皮の臭いの原因にもなります。

一日に何回もシャンプーをするのは、頭皮を乾燥させすぎてしまうので良くないですが、一日一回は、シャンプーしたほうが良いです。
この時、髪の汚れよりも、頭皮の汚れを洗い流すことを意識してください。

ただし、何事もそうですが、やりすぎは厳禁!頭皮は、爪を立ててごしごし洗うと、 頭皮に傷がついて細菌が入る原因にもなってしまいます!
指先の柔らかいぶぶんで、地肌をマッサージするようなイメージで洗いましょう。

シャンプーが終わったら、タオルで水分を吸い取ってトリートメントをします。
トリートメントは少し時間をおいてから洗い流します。

その後、髪の毛に水分を残ったままだと、ホコリや花粉やカビがつきやすく、 頭皮の臭いの原因にもなります。できれば時間をおかずに、ドライヤーで、根元から毛先に向かって、 手櫛を使って乾かすようにしましょう。

よく、「髪の毛が傷むから」という理由でドライヤーを使わずに自然乾燥で済ませてしまう人がいますが、ドライヤーを温風・冷風に切り替えて使うことで、髪の毛自体の傷みは防ぐことができます。ドライヤーで乾かすことによって、頭皮の臭いの発生をおさえ、雑菌の予防にもなりますので、必ず使うようにしましょう。

また、頭皮が臭う間接的な原因として、ストレスのある生活や、 睡眠不足、特にビタミンB2などの栄養不足、お酒の飲みすぎや、タバコなども挙げられます。
規則正しい生活習慣を送ること、ストレス発散をすること、栄養バランスの良い食事をとること、お酒やタバコは控えるようにすることも大切です。